メルカリでよくあるトラブル、出品者編

9k=

 

メルカリでの出品者側でのトラブル対応

それでは今回はメルカリでの出品者側でのトラブル対応についていくつか紹介していきたいと思います。

出品した事がある方はわかると思いますがメルカリでの出品方法は非常に簡単に行う事ができます。スマートフォン一つあれば写真を撮って説明文を書いて、金額の設定を行えばできてしまいます。非常に簡単ではあるんですが簡単だからこそトラブルも多くあるという事を理解していただければと思います!

 

購入者側から入金されない

皆さんも自分の商品が売れたらいつお金が入るのかわくわくする方もいらっしゃるのではないでしょうか?私は初めて自分の商品が売れた時は嬉しくて入金が待ち遠しく思っていました。ただそんな時いつまでたっても入金されないなんてトラブルがあります。今回は2つのパターンをご紹介します。

1、メルカリ側からの振り込みが完了していない

このケースは購入者が受け取り評価をしていない為メルカリ側が振込手続きができないという状況です。商品を発送する際に購入者側に手元に商品が届いたことを確認したら評価を必ずしてくださいというように連絡を入れると意外とスムーズにしていただける場合が多いと感じます。

連絡をいれない場合と事前に連絡を入れる場合とでは連絡がある方が記憶に残るので購入した方も受け取り評価しやすいと思います。

 

2、購入者の振り込みが完了していない

このケースは購入者がコンビニ支払いを選んでいる場合に起こりえるトラブルです。クレジットカードですとその場で支払いが完了しますが、コンビニ支払いですとコンビニまで行く時間があります。

時間がない場合は後回しになるなんてこともあるかもしれません。このようなトラブルにならないようにする為には、OO日以内に入金してくださいなど出品する際に注意書きを書いておくことをお勧めします。

 

値下げ要求をされる

出品者側が提示した金額より安く買いたいと思う購入者も多くいます。そういう購入者の方からは値下げ要求をされる場合があります。出品する際にいくらまでなら値下げ交渉に応じる等自分の中で決まりを作っておくとそういう場合に対応しやすいかと思います。

また、値下げ交渉に応じたくない人もいると思いますのでそのような場合は出品する際に注意書きで値下げ交渉はお断りなどと一言書いておくと交渉してくる人は少なくなると思います。

それでも値下げ交渉をしてきたり嫌がらせのような事をしてくる購入者は容赦なくブロックで問題ないと思います。出品者側が嫌な気持ちになることもないと思いますので思い切ってブロックしてしまいましょう。

 

ハンドメイド関係のトラブル

ハンドメイドで起こりえるトラブルとしては写真ではわかりにくいサイズであったり色合いであったり購入者側が思っていた物とは違うというものが大半を占めると思います。

出品者からしてみれば説明文に書いてある、写真を載せてあるのに、なんて思うと思います。そのようなトラブルを招かない為にハンドメイドでは商品の詳細を細かく記載することをお勧めします。大きさ、色合い、重さ、その他にもいろいろあるかと思いますが自分の商品をアピールするつもりで細かく書いてみてください。

また、ハンドメイドを購入する方は質問をよくしてくる傾向にあります。同じような質問を何人にもされると対応が大変になる場合があるので事前にQ&Aを記載しておくと対応が楽になります。

 

Z

 

まとめ

出品する際のトラブルの代表的なものは上記に挙げたものになります。一度トラブルにあうとパニックになってしまい対応がうまくできない方も多くいると思いますが、そんな皆さんの少しでも役に立てればと思いこれからも事例をあげながら対応方法を書いていきたいと思います。