BUYMA転売で偽物を仕入れない方法2

前回では、shopstyleアレクサランキングをご紹介しました。

shopstyleはオンラインショップまとめサイトで、オンラインショップをshopstyleに載せる為に厳しい条件をクリアしないと載せられないから、ちゃんとしたオンラインショップしか無いので仕入れる際に安心出来ますよ!っていうお話しました。

アレクサランキングでは、仕入れるのに不安なオンラインショップを検証出来ますよ。なので安全に仕入れる事が可能になります!っていうお話もしました。
ただアレクサランキングだけで、安全か?安全じゃないのか?を判断するのは若干危険なので他の手法と合わせてお使い下さい。
SolarPowerGuide_FM40889726
今回は安全性を高める為に、アレクサランキングと一緒にして使って頂きたい手法を書きたいと思います。

アレクサランキングが分からない方は前回の記事をご覧下さい。

公式ショップと価格がかけ離れてる

偽物の商品を売っているショップには特徴があります。それはそのブランド公式ショップの通常の価格帯と、偽物を扱っているオンラインショップの同一商品の価格が安過ぎたりする事です。

まずブランド物がアウトレット商品とかでない限り、そこまで大きく価格が下がる事は、ほぼありません。なので見つけたオンラインショップをアレクサランキングで調べて圏内だとしても、価格帯が通常価格よりかけ離れて安い場合は、危険だと判断しても良いと思います。

オンラインショップ内の商品全てが安過ぎる

これも重要です。偽物を販売してるオンラインショップは、基本的に正規品(本物)を取り扱ってません。

なので基本的に全ての商品が、通常の価格に比べて安過ぎる事が多いです。良い仕入れ先のオンラインショップを見つけたら、まずアレクサランキングで調べた後に、そのオンラインショップで扱ってるの商品全てが異常に安過ぎないか?を確認しましょう。

オンラインショップの問い合わせ先がない

このような偽物を扱うオンラインショップは、
お問い合わせ先が無かったりします。

通常のオンラインショップであればオンラインショップサイトの下の方にお問い合わせ先が表示されるのですが、偽物を扱うオンラインショップはお問い合わせ先が無い事があります。

それを確認出来れば、このオンラインショップが安全か?安全じゃないかは分かる事だと思います。

ただ偽物を扱うオンラインショップでも、お問い合わせフォームを設置してる場合もありますが、クリックするとこのリンクは存在しませんといったエラー表示になる事もありますので、お問い合わせフォームが設置されてるオンラインショップであっても油断は禁物です。

あと、お問い合わせ用の連絡先がフリーメールになってる場合も注意が必要です。偽物を販売するオンラインショップはフリーメールを使う事も多々あるので注意して下さい。

正規品を扱うオンラインショップがフリーメールは、ほぼ使わないので。

オンラインショップ会社の所在地が明記されてない

正規品を扱ってる信用度が高いオンラインショップの場合、会社の所在地や、電話番号を明確に記載されてます。
82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s
これはどこの国でも一緒で世界共通です。そうしないと信用が無いですもんね。ネットで買い物する場合は、そのような情報が明記されてなければ、信用が無いのでちゃんとしたオンラインショップは、このような情報を明確に記載してます。

偽物を扱うオンラインショップの場合、そのような情報を明確に記載してない場合が多いです。なので記載されていないオンラインショップは偽物を扱ってる可能性が非常に高い為注意した方が良いですね。

仮に記載していたとしても怪しいと思ったらgoogle mapで調べてみるのも一つの手です。本当に実在する会社なのか?を検証すれば安全な仕入れ先を見つける事が可能になります。

こんな感じで偽物を扱わない安全な仕入れ先を見つけていきましょう。

では今日はこの辺で。