221回

.

.

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら
転売しんちゃんのバイナリー実践記はこちら←NEW!!

============================

Amazonアカウント再開サポート始めました

 

 

最近、Amazonのアカウント停止についてアカウントが停止するまでの流れが少し厳しくなっているようです。

.

.

Amazonのアカウント停止にはいくつかの要件があるわけですが、その中でも商品関連でのポリシー違反の際には証明書の提出等についてより一層厳しいチェックが入るようになりました。

.

.

.

例えば、今までのAmazonの対応を例にしてみます。

.

中国輸入なんかでよくやってしまう「模倣品・真贋の疑いがある商品」のポリシー違反をやってしまったとしましょう。

.

今までであれば、第一段階で「アカウントの一時停止」が行われます。

.

アカウントの一時停止の場合には簡単な業務改善計画書を提出するだけでした。業務改善計画書をAmazonに提出すれば十中八九、アカウントの一時停止解除の措置を取ってもらえました。

.

.

しかし、最近は業務改善計画書とは別に「商品の購入を証明するもの」の提出が必須になったようです。

.

.

実際にどういうものが必要かというと

・問題となっている商品の注文書、領収書または請求書の写し
(審査中の商品資料であることが明確に分かるもの、購入数と出品数の整合性が取れているもの、正規の資料で改訂されていないもの、仕入先、購入者情報、日付、商品説明、数量が記載されているもの、発行から6ヶ月以内のもの)

が必要になります。

.

.

さらに細かく言うと、販売数などについて明確な数字が分かるものであること、という条件が付随します。

.

.

こういった情報については提出が困難であることが多く、事業者として物販を行っている方以外には提出が難しいのが実情とも言えます。

.

Amazon側の動きとしてはポリシー違反についてより一層の厳罰化を推し進めて、よりよい環境をカスタマーに提供するのが目的ですね。

.

これからもこういった厳罰化の動きってのはどんどん進んでいくと思うので、万が一に備えて注文票などは保管しておくようにしましょう。

.

.

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら
転売しんちゃんのバイナリー実践記はこちら←NEW!!

============================

Amazonアカウント再開サポート始めました