222回

.

.

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら
転売しんちゃんのバイナリー実践記はこちら←NEW!!

============================

Amazonアカウント再開サポート始めました

 

輸入転売に限らず、転売をやる上で重要となるのは「以下に販路を所有するか」です。

販路、ってのはヤフオクとかAmazonとかメルカリ、とかそういったものですね。

.

.

.

販路を複数持つ重要性として

・販売価格が異なる

・ユーザー層が異なる

・全体の売上の底上げ

・売り上げの底上げによる仕入数の増加

.

.

なんかが挙げられます。

.

.

.

まず、販路によって同じ商品でも販売価格に大きな違いが見られます。

ユーザーが成熟している/ユーザーが多い/販売者が多い市場は基本的に販売価格が低くなりがちです。
これはユーザーに知識があり、より安い価格で商品を購入しようとする心理が働いたり、販売者が多いと価格競争が重なり販売できる価格が変わってきてしまうため。

.

.

そしてユーザー層が異なる点。

販路によって、その販路を利用しているユーザー層には大きな違いがあります。

例えばヤフオクは30代以降の男性層が多く、メルカリは20代以降の女性層が多い、BUYMAは30代以降の女性層が多く金銭面的にも余裕がある人が多い、なんて感じです。それぞれの販路の特徴を知ることで、適正な商品の販売、販売価格の設定等を行うことが出来ます。

.

.

.

そして、多数の販路を活用することで全体的な売り上げの底上げを図ることが出来ます。

例えば、ヤフオクだけでは10個しか売れなかった商品がAmazonを活用することで余分に10個売ることができのであれば、全体で20個の商品を販売することができます。

.

.

さらにそれに伴い、仕入れする商品数が増えます。

仕入れする商品数が増える、ということはそれだけ価格交渉もしやすいですよね?

.

.

.

このように、販路を複数抱えることによるメリットはとても大きいのです。

自分が活用できる販路は一体何があるのかを日々リサーチしてみて下さい。

.

.

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら
転売しんちゃんのバイナリー実践記はこちら←NEW!!

============================

Amazonアカウント再開サポート始めました