中国語ができないなら英語でやればいいじゃない

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら

============================

 

ども!転売しんちゃんこと金森です。

あなたは中国輸入やってますか?

 

円高が進んでいるここ最近では

元での仕入れが出来る中国輸入が

また注目され始めています。

 

しかし、中国輸入の最大のネックが

「中国語が分からない」

と言う点です。

 

僕自身、最初の頃は漢字だらけの

中国サイトを見るのは

苦痛でしかありませんでした笑

 

慣れてしまえば大したことないんですが

それでも初心者の方には少しハードルが高いのかもしれません。

 

今日紹介するAliExpressを活用すれば

実は中国語が出来なくても

中国から商品を仕入れることができます。

 

 

 

もともと、AliExpressってのは

タオバオやアリババを運営している

アリババグループってのが

英語圏のユーザー向けに作ったプラットフォームでして

英語で中国製品を調べることが出来るんですよね。

 

 

個人的には輸入転売の流れとして

欧米輸入→中国輸入

ってのを推奨してます。

 

欧米輸入ってやっぱり輸入転売の

基本中の基本だし、初心者でも参入しやすいし

そこから輸入転売をマスターしてもらう。

 

そして中国輸入に手を付けて

仕入れ先や販路を広げていく

と言う方法が一番いいんじゃないかな、と思うんです。

 

そんな時にAliExpressを活用すれば

欧米輸入→中国輸入

の流れがスムーズになるし

いいんじゃないかな、と。

 

AliExpressでは英語で商品リサーチをすることが出来るんですが

基本はやっぱりノーブランド品です。

 

なので英語でノーブランド品を検索していくんですが

これがけっこう分かりやすい。

 

中国語だと、同じような意味の言葉でも感じが全く違ったり

区切りがよく分からなくて商品リサーチに頓挫してしまう

なんて人が多いんですが

英語であれば

単語 スペース 単語

なんて形で調べられるんで簡単かもしれないです。

 

 

AliExpressの利点は他にもあって

・国際送料も含めた値段設定がデフォルト

になってます。

 

つまり、商品をリサーチして

よし!仕入れるぞ!ってなった時に面倒な計算が少なくて済みます。

 

 

タオバオやアリババだと

 

商品原価+中国国内送料+代行手数料+国際送料+関税

 

なんて形で計算しなきゃいけない。

サイト上で分かるのは、商品原価と中国国内の送料だけなので

計算が面倒だったりします。

 

 

しかし、AliExpressだと

商品原価+国際送料

が最初から表記されているんで計算がかなり簡単です。

 

 

しかも、もともと中国から見て「海外に送る」こと前提で

価格の設定がしてあるので

「利益出ると思ったのに日本に送ったら利益が出ない!」

なんて中国輸入でありがちな失敗にも陥りにくいです。

 

 

仕入れる方法についても販路の確保と同様に

沢山あるに越したことはないです。

 

 

仕入れ先は一緒だけど、アプローチの仕方が変われば

そこから何かしらのメリットも享受できるし

貴方自身のスキルとして成長に繋がります。

 

ちょっと面倒かもしれませんが、

何事もやってみる、って精神が大事ですね。

 

 

それではこのへんで。

 

 

では!

 

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら

============================