商品リサーチ=パソコンでやる。これはもう古いです。

 

 

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら

============================

 

 

ども!転売しんちゃんこと金森です。

いや、暑い。こないだまで梅雨っぽかったのが一瞬にして夏です。長野県は比較的カラっと暑くなる(湿気が少ない)んですが、それでもこの暑さはヤバいですね。日中はエアコンかけないと無理です・・・笑。夜は窓開けておけばそれなりに涼しいので寝やすいっちゃ寝やすいんですけどね。

 

さてさて、あなたは転売の商品リサーチをどうやって行っていますか?

 

そりゃ、Amazonやヤフオクを調べてるよ!

オークファンだよ!

モノレートだよ!

プライスチェックだよ!

 

なんて声が聞こえてきそうですが

今日は商品リサーチの視野を広げる思考についてです。

僕は輸入転売を始めた頃から

実践しているのですが

モノを売っているのはネットだけじゃないですよね?

 

というか、ネットで色々な商品が売買されるようになったのは

ここ最近の話です。

 

 

実は、日本のネットで売られている商品は

実店舗で売られている商品の4%に満たない

というデータがあります。

 

つまり、日本で100種類の商品が販売されていたら

そのうち4つ程度しかネットで販売されていない

ということです。

 

どうですか、これ。

 

凄いブルーオーシャンな気がしませんか??

 

もちろん、日本国内のPB(プライベートブランド)なんかの

商品もこの数字に入っているので実質仕入れをすることが出来る商品

となると数が減りますが、それでもかなりの数の商品が

実店舗でしか販売されていない、という状態が

日本では継続していることになります。

 

 

僕はロフトやイオン、東急ハンズ、六本木ヒルズの雑貨店など

買い物に行ったところで売れそうな商品をチェックする、なんて

習慣を付けています。

 

特にそういった店舗が力を入れて紹介をしているような商品や

類似品などは入念にチェックします。

 

 

このように「商品リサーチ」1つにしても

視野を広げて、色々な情報源から

輸入転売に繋げる、という思考を持てると

ビジネスが広がります。

 

 

これは輸入転売に限らず

どんなビジネスにも言えることですね。

 

 

僕はこの思考を常に持つようにしています。

パッと見、自分のビジネスに関係ないようなことでも

どこかで自分のビジネスと繋げることができないか、

これを持てるかどうかが大切ですね。

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら

============================