転送会社、使い勝手が違います。

 

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら

============================

 

 

 

ども!転売しんちゃんこと金森です。

 

僕が活用しているAmazonアカウントの1つですが

2015年6月8日~2015年6月22日までの売上金入金が

740,314円でした。

 

 

 

 

現状こちらのアカウントで取り扱っている商品は

ちょっとした試みをやっているところで

試行錯誤している状態ですが

1つのアカウントでの2週間の結果がこれであれば

おおよそ月商150万円なのでぼちぼちの成果です。

 

 

 

 

 

さてさて、今日は欧米輸入の話です。転送会社のね。

 

欧米輸入をする場合でも中国の代行業者に似た

転送会社の活用が必要になってきます。

 

欧米から商品を仕入れる場合に

日本(相手から見たら海外)に商品を直接送ってくれないセラーさんも

少なからずいます。

 

しかし日本に直送してくれない商品であっても

しっかりと利益が出る場合がありますね。

 

そんな場合、転送会社を間に挟んで日本に商品を送ってもらいます。

 

転送会社の有名どころでいうと

 

SpearNet

US-BUYER

JISA.com

MyUS

 

なんかが有名どころです。

 

それぞれの転送会社によって

代行手数料や送料に違いがあるので

確認をする必要があります。

 

また、転送会社を活用する場合

商品をいちいち転送会社で日本で発送するよりも

転送会社にある程度の商品を貯めておいて

まとめて送った方が送料が安くなります。

 

これは国際送料が送る商品の大きさや重さによって

割引を受けることが出来るからです。

 

 

 

欧米輸入、といっても

欧州(ヨーロッパ)から商品を仕入れて

転送会社を活用する場合は注意が必要になります。

 

実は、ヨーロッパでは嗜好品などに

VATと呼ばれる付加価値税が付されていることが多くあります。

 

これはヨーロッパ国内に居住する人に

付される税金のため

ヨーロッパ圏外から商品を購入する場合は

税金がかからないのですが

転送会社などを活用すると

このVATが免除されないことがあります。

 

そのため、ヨーロッパから商品を輸入する場合は

転送会社の活用に気を付ける必要があります。

 

切っても切れない転送会社。

 

その活用についてしっかりと学びましょう。

 

では!

 

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら

============================

10930992_621298914665252_1851071474344745464_n