第158回 中国輸入 代行業者の活用法

imgp4866_p

 

具体的な活用法について

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら

============================

 

 

ども!転売しんちゃんこと金森です。

 

今日は6月21日で父の日ですね

 

僕は小さい頃に両親が離婚していて

父の日には嫁のお父さんに何か贈ろうと思っています。

 

ちょっとしたことですが

気持ちをしっかりと「形」で表すのは

素敵なことですよね。

 

 

 

 

さてさて、

ここ数回にわたって中国輸入のメリットや

中国輸入をする上で必要となる代行業者について

記事を書いてきましたが

実際に代行業者を活用する場合

どのように活用すればいいのかをお話したいと思います。

 

 

中国輸入のメリットやデメリットについては

前回の記事でお話をしたわけです。ま、特徴ですね。

 

 

代行業者の特徴を踏まえて

あなたが実際に代行業者を活用する場合

どこを代行業者にやらせるか、の選択が

結構重要になります。

 

 

代行業者を上手に活用すれば

中国輸入をほとんど自動化することもできますし

かなり作業の効率が上がります。

 

 

まず、必ず代行業者にさせるべきなのは

FBAの納品作業です。

 

中国輸入は欧米輸入と違って

薄利多売のビジネスモデルです。

 

そのため、FBAに商品を納品する場合に

かなりの手間と時間がかかります。

 

 

欧米輸入であっても

取扱商品数が多ければ同じことが言えるわけですが

中国輸入の場合は特に作業量が多いと思っていいでしょうね。

 

 

面倒な作業を人やパソコンにさせるのは

どんなビジネスでも効率化の要になるので

積極的にFBA納品代行サービスを活用していきましょう。

 

業者によっては月額利用料+手数料

といった形でお金がかかります。

 

どういった料金体系が最も優れているかは

サービス内容によるので一概には言えませんが

業者にしっかりと問い合わせをして

サービスを受けましょう。

 

 

 

サービスを受ける場合の注意点ですが

自分のセラーセントラルに業者をログインさせると

非常にリスクがあります。

 

Amazonのログイン情報はAmazon側が確認することができ

同一PCで複数アカウントにログインしていることが

Amazonにばれると最悪、アカウント停止、なんてことも

あり得ます。

 

FBA納品用のラベル

FBA納品用の伝票

 

これらの納品に必要となるPDFファイルを

業者に送付する形をとっている業者を使うことをおススメします。

 

 

 

またOEMを活用する際は

代行業者を活用した方がいいでしょう。

 

自分で中国の企業に連絡をして

OEM製品を作るとなるとやはり言語の壁があります。

 

そういった場合に代行業者を活用して

日本語で意思疎通をしてOEM製品を作った方が

後々のリスクが減ります。

 

OEMを作る場合の手数料は少し高めに設定されていますが

OEMは作ってしまえば大きな利益が見込めるので

必要経費と割り切るのが正解ですね。

 

 

 

あとは料金の支払いです。

 

中国から商品を仕入れる場合

タオバオ

アリババ

を活用することが多いですが

この2つのサイトは

アカウント認証をしないと支払いに限度額があります。

 

1日2000元(≒40,000円)で

総支払限度額が5万元(≒100万円)

だったと思います。

 

中国輸入で大きく稼ぐ場合、

これらの限度額はすぐに一杯になってしまったり

支払いを早くしたいのに1日2000元までしか支払えない

なんてことがあります。

 

そういった場合に代行業者を活用すれば

一括で支払いをすることが出来ます。

 

 

タオバオ/アリババで自分で支払いをする場合

クレジットカードが必要になりますが

AMEXを使うことができません。

 

仕入れの基本は複数のクレジットカードを活用して

締日と支払日を分散させることです。

そうすれば支払いに猶予が生まれて

余裕を持って仕入れが出来ます。

 

AMEXで仕入れをしたい場合は

カード決済可能な代行業者を活用して仕入れをしましょう。

 

僕も実際にAMEXを活用する場合は

代行業者経由での支払いをしています。

 

 

 

 

代行業者活用の注意点ですが

しっかりと自分で取引の流れを把握してから代行業者を使う

という点です。

 

 

代行業者は言い換えれば

外注さんです。

 

 

外注さんに何かしらの作業をさせる場合

自分がその作業内容をしっかりと把握していないと

適切な指示を出すことも出来ないし

どこかでトラブルの原因になる事もあります。

 

僕は中国で仕入れをする場合の

取引の流れから料金の支払い、配送についても

自分で行うことができます。

 

そのうえで代行業者を活用しています。

 

 

代行業者を使えば、もちろんお金がかかります。

 

作業を効率化するために

ある程度の出費は必要ですが

無駄な出費はする必要がありません。

 

しっかりと代行業者のサービス内容の確認と

自分が求めているサービスを照らし合わせて

適切な経費を払い

適切な方法で代行業者を活用していきましょう。

 

それではこのへんで。

 

では!

 

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから
転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら
公式YouTubeチャンネルはこちら

============================

10930992_621298914665252_1851071474344745464_n