ヤフオクで稼げる商品を見つけましょう。

 

→初めてブログを見る方はこちらを確認ください←

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ商品リサーチ編をスタートさせます。

 

この商品リサーチが輸入転売で稼げるかどうか、を大きく左右するポイントですのでしっかりとマスターしてください。

 

商品リサーチ編第1回は「ヤフオクでの商品リサーチ」です。

 

輸入転売の中にも様々な手法があります。そのなかでもヤフオクでの商品リサーチは超基本的な、輸入転売の基礎中の基礎と言っても過言ではありません。

ついつい「稼ぎやすい」「まだ誰も手を付けていない市場」なんて甘い言葉に誘われてしまいがちですが、やはり基礎をしっかりマスターすることで継続的にお金を生み出すことができると僕は思っています。実際に僕もヤフオク転売から初めて100万円を稼ぐまでになりました。それでは、さっそく始めていきましょう。

 

 

 

 

【オークファン】

 

オークファンはこちら

 

まず最初にすべきなのはオークファンで商品を探すところからです。

 

 

2015-06-09_132444

 

 

オークファンのトップページを開いて頂き、ページ上部の検索欄から商品を探していきます。

検索する際のキーワードは「並行輸入」、「海外限定」、「US限定」、「輸入」、「国内未発売」などのキーワードで検索をしましょう。

それらのキーワードで商品を検索してみると、検索結果の一覧が出ます。

 

 

2015-06-09_132755

 

大切なポイントについて番号を振ってあります。

・・・検索結果のページ内平均価格を確認できます。

・・・ヤフオク/楽天オークション/モバオク等から検索結果を抽出することが出来ます。基本的にはヤフオクを選択して結果を確認します。

・・・検索結果の総数です。

・・・左から順に、販売場所/商品画像/商品名/落札金額/入札件数/終了日、の順に並んでいます。ソートを変更することで落札金額の高い順、入札数の多い順、などと並び替えも可能

・・・商品の検索期間です。3か月ほど遡って商品を確認しましょう。

 

このような形で商品を検索していきます。

「並行輸入」、「海外限定」、「US限定」、「輸入」、「国内未発売」、などのキーワードで商品を調べると『日本では売られていない』『海外から仕入れることのできる商品』を抽出することが出来るので、非常に便利です。

そして次に大事なのは

 

『価格帯を絞って検索をする』と言う点です。

 

 

2015-06-09_141622

 

先ほどの商品検索結果左側の「絞込検索」から価格の最低価格を設定することが出来ます。

 

絞込検索から、条件を指定して再検索しましょう。

 

 

2015-06-09_141930

 

 

 

商品価格を1万円以上、で絞込検索をしました。

ページ内平均価格も、6855円→20,344円に上がりましたね。

これぐらいの価格帯の商品を検索するのが一番効率的です。あまりにも安い商品を仕入れてしまうと、利益が少なすぎて手間だけかかる、という事態になってしまいます。

このようにして商品を探していきます。

 

 

 

 

【商品ページ】

 

検索結果から、商品タイトルをクリックすると商品ページに飛ぶことが出来ます。

商品ページの見方について確認しましょう。縮小しているので少し見づらいかもしれませんがご勘弁を。

 

 

2015-06-09_172021

2015-06-09_172043

 

 

・・・ヤフオクでの商品ページに移動することができます。

・・・落札状況を確認できます。入札件数、開始価格、開始日時など

・・・出品者IDです。こちらから出品者の他の出品物などを確認できます。

・・・商品画像です。どのような商品なのかを確認して仕入れの際に参考にします。

・・・商品説明です。商品説明の中で、型番等の仕入れに必要な情報が載っていることがあるので確認しておきましょう。また同じ商品を出品する場合に参考にすることができます。

 

商品ページを確認すると様々な情報を確認することができます。

中には仕入れの際に必要となる情報や、出品者の情報など、商品リサーチを効率的にするための情報が詰まっているので、商品ページを見る能力も高めましょう。

 

 

 

【操作になれる】

 

 

オークファンでの基本的な商品リサーチの方法は学びましたね。

そうしたらまずはオークファンでの操作に慣れましょう。ひたすら色々な検索をしてみて下さい。

これから商品リサーチをやっていくとなるとオークファンなどでの操作が頻繁に必要になります。

まずは慣れること。これが初心者が行うべき最初の商品リサーチだと思ってください。始めは分からなくても、数をこなすと分かってくることもたくさんあります。

また検索の際にもどのようなキーワードで検索をすると効率よく商品を見つけることが出来るのか、が分かります。

 

それでは、今回はこのへんで!

 

では!

 

0から始めるネット物販その1に戻る