第135回 「儲かる商品」と「稼げる商品」は違う

soku_11127

 

儲かる・稼げる、この違いを理解しないで転売をやると失敗します。

 

→初めてブログを見る方はこちらを確認ください←

 

 

ども!転売しんちゃんこと金森です。

 

あなたは

「儲かる商品」

「稼げる商品」

の違いを分かっていますか?

実は、この2つの違いを理解していないと

いくら転売をやっても失敗します

 

 

実は最近、どんなビジネスでも

MLM(マルチレベルマーケティング)形式のビジネスが増えています。

 

 

MLMが分からない方はGoogleで調べてみてくださいね。

乱暴にいうと「マルチ」と呼ばれるやつです。

 

 

このMLM自体はとても優れたビジネス手法なんですが

その中身に注意が必要です。

僕のところにも

よくMLMの勧誘がきます。

その中でも転売系MLMのお話もあるんです。

 

話を聞いてみると中身としては

 

「儲かる商品のリストがあるから
そこから商品を選んで発注・販売すればOK
儲かる商品なので利益は間違いないです」

 

 

というものです。

 

このMLMの話を掘り下げると長くなるので辞めますが

最近では

「儲かる商品を注文して販売するだけ」
「価格差がある商品リストがあるから大丈夫」

なんて謳い文句で売り出している

情報商材が多いわけです。

 

しかし、僕から言わせると

「儲かる商品」なんてものは腐るほどある。
けれども「稼げる商品」とは違う

というのが現状だと思っています。

 

 

よく考えてみてください。

 

 

転売をやるうえでの最大のリスクって何だと思いますか?

 

 

僕はメルマガでもこちらのサイトでも

何度かお話をしているんですが

 

在庫リスク

 

が転売をやる上で最大のリスクだと思っています。

 

 

在庫ってのは赤字です。

仕入れた在庫は現金に変えないとダメですからね。

 

在庫をいつまでも保有していたって

これっぽっちも稼げません。

 

 

よくある「儲かる商品」ってのは

蓋を開けてみると

「価格差がある商品」

であることがほとんどです。

 

 

価格差がある商品を売れば儲かるのは間違いありません。

転売ってのはその価格差を利用して利ざやで稼ぐビジネスです。

 

しかし、いくら価格差があってパッと見

「儲かりそう」でもその商品が継続して売れてくれなきゃ

「稼ぐ」のは難しいわけです。

 

 

僕が商品仕入れで一番重要視しているのは

価格差は勿論ですが

やはり

「回転率」との兼ね合い

も重要視しています。

 

 

 

これだけ価格差があるがこれしか売れない
価格差は少ないが売れる個数は多い

 

 

このバランスで商品を仕入れるかどうかを考えます。

 

 

メインの販路だけの販売個数が少なければ

他の販路で販売することはできないか

なども考えます。

 

 

いくら価格差があっても

月に1つ売れるか売れないか、

なんて状態ならやる必要が無いと思っています。

 

 

価格差だけ見て

儲かるぞ!

というのは非常に簡単なわけです。

 

 

価格差がある商品を紹介してくれるサイトもあります。

 

けれども価格差だけでなく

稼ぐとはどういうことか

にフォーカスして商品選定をするのがとても

大事ですね。

 

参考にしてください。

 

では!

 

 

 

→メルマガ登録をしてくれた方にプレゼントを渡しています←