輸入転売を極めると、至って簡単に輸出に取り組むことができるようになります。

 

→初めてブログを見る方はこちらを確認ください←

 

も!
転売しんちゃんこと金森です。

 

輸入転売を極めると
実は簡単に輸出に取り組むことができるんです。

 

map_world1(2)

 

これって、ふと聞くと

「どういうこと?」

となるかもしれませんが、少し考えてみてください。

 

 

輸入転売で大事なのは

「安く買える海外から商品を仕入れて、高く売れる国内市場で販売する」

ということですよね。

 

少し言い方を変えると

「1番安く買える国から商品を仕入れて、1番高く売れる国で販売する」

ということが言えちゃうわけです。

 

 

輸入転売、
つまり仕入先が海外で
販売先が国内市場のどこか

ということだけ考えていると
この視点を得ることはできません。

 

販売先を国内に限定してしまうと
Amazonで売るのか
ヤフオクで売るのか
BUYMAで売るのか
それともネットショップを立ち上げあげるのか
というようになってしまいます。

 

 

また、国内市場での販売価格には限界があるわけです。

Amazonなら1万円
ヤフオクなら1万5000円
BUYMAなら1万3000円
ネットショップなら2万円

と販売価格にもある程度の限界があります。

 

soku_11127

 

ここで販売先を海外にしてみたらどうかを考えてみましょう。

輸出ビジネスに目を向ける、ということです。

 

まず、
日本で売れている商品が海外の方が高く売れるからこそ、輸出ビジネスというものが成立しているわけです。

通常の輸出ビジネスは

「日本で仕入れて、アメリカで販売する」

という流れです。

 

日本での販売価格より、アメリカでの販売価格が高いからですね。

しかし、少し深く考えてみると

「日本で仕入れるのが本当に1番安いのか?」

ということが分かります。

 

輸入転売をやっている方に聞きたいのですが、現在最も安く商品を購入できるのはどこの国だと思いますか?

答えは言わずとも分かると思いますが

ダントツで中国

です。

 

china-162389_1280

 

つまり

ダントツで安く商品を購入できる中国から商品を仕入れて、1番高く売れるどこかの国で売る

ということを考えれば輸入転売よりも大きな利益を得ることが出来るわけです。

 

また、中国などから商品を仕入れてアメリカなどの海外で販売する、というノウハウ自体があまり実践者がおらずレッドオーシャンになりづらい、という利点もあります。

それでは、なぜ

「輸入転売」からこの考え方が始まるのでしょうか。

 

question

 

輸入転売の場合、商品の流れは

海外→日本

になります。

 

これを少し変えてあげればいいだけです。

海外→海外

ですね。

 

この流れができれば輸出ビジネスもできちゃうわけです。

 

 

まずは

海外→国内

の流れをマスターするのが僕は良いと思います。

 

それは

・再現性が高い
・ハードルが低い
・日本語で作業することができる

からです。

 

海外→海外

となると

・まだまだ実践者が少ない
・外国語で全てやらなければいけない

といったデメリットがあります。

※デメリットは裏を返すとメリットになりますので、ある程度経験がある方はやった方がいいでしょう。

 

SolarPowerGuide_FM40889726

 

ネット物販初心者の方は、まずは輸入転売から初めて月の利益がある程度増えたら、海外→海外の輸出ビジネスも頭に入れておいた方がいいでしょう。

ネット物販というのは

スキル・ノウハウの積み重ね

だと僕は思っています。

 

例えば、海外で販売をする、という場合でも

・海外のAmazonでの販売
・海外でのeBayでの販売

というのも

・日本Amazonでの販売
・ヤフオクでの販売

などと経験を通して、効率よく学ぶことができると思います。

※eBayとヤフオクは異なるプラットフォームなので一概には言えません。

 

ですので小さなスキルの積み重ねを通して
大きく稼ぐためのスキルを身につけてください。

では!

 

→転売しんちゃんのプロフィール←

 

→転売しんちゃん公式メルマガ登録はこちら←