第19回物販をやるのに必要な力

glasses-691964_1280

物販をやるのに必要な力とは何でしょう。

その力は

『戦略的レベルの力』

『戦術的レベルの力』

に分けることができます。

戦略的レベルの力とは

・資金の量
・人的リソース
・外注先のレベル/クオリティ
・物流の充実

などが挙げれます。

これと反対に

戦術的レベルの力とは

・仕入れる力
・販売力

の2つが主な力になります。

今回は戦術的レベルの力の話をするので戦略的レベルの力の話は置いておきます。

戦術的レベルの力である

仕入れる力/販売力の2つがあれば
とりあえず物販で御飯を食べていけるだけ「稼ぐ」ことができるようになります。

「稼ぐ」と「稼ぎ続ける」ことはまた違うことなのでいつかお話します。
ちなみに、稼ぎ続ける為にはとりあえず稼ぐ、ことが必要になるので
稼ぐことは何よりも大事ですよ。

仕入れる力を鍛えさえすれば稼ぐことができるようになります。

日本国内で1万円で売れている商品を
2000円で仕入れてきて売る。

その商品は一体どういうもので、どこで仕入れることが出来るかリサーチする。

これが仕入れる力です。

ヤフオク・Amazonで稼いでいる人はこの

仕入れる力に重点を置いていると思います。
実際に私もそうなので。

私のコンサル生や周りの物販初心者の方から

「金森さん!稼げる商品が見つからないんです!」

なんて質問をよく頂くのですが、
これは
「稼げる商品を見つける力=仕入れる力さえあれば稼ぐことができる」
ということを皆分かっているからです。

そんな中、最近の傾向として販売力に重点を当てた物販の規模がどんどん大きくなってきています。

販売力に重点を当てた物販とは

・PPC広告を使った販売
・DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を使った販売
・定期販売

などですね。

同じ商品を売るにしても
このような販売力を鍛えることで利益率を大幅に上げることが可能になります。

私の友人の話ですが、PPC広告とDRMを物販に取り入れて
今までの利益率を大きく上回る5割の利益率を確保した方もいらっしゃいます。

もちろん、販売する商品自体は重要です。
ただ同じ商品を売るにしてもこういった販売力を鍛えることで
2倍、3倍の値段で売ることも可能になるのです。

僕のブログを読んでくれている方は
仕入れる力を既に持っていたり、
これから学ぶ方が多いと思いますが
仕入れる力に販売力を付け加えることで
さらなるビジネスチャンス、利益の確保ができるということを
覚えておいて損はないと思います。