第14回志を立てるのに遅いということはない

あなたの人生は一体誰のものですか。

そんなこと答えるまでもないでしょう。そう、あなたのものです。

あなたの人生は誰のものでもなく、あなたのものです。

だから、何をやろうと、何を始めようと、

自分のやりたいことをやれば良いんです。

もしも周りかに何やかんやと言う人がいても、無視すれば良いと思います。

そういった人は特に深い考えがあるわけでなく、言いたいだけです。

世の成功者の中のサントリーの創業者、鳥居信治朗氏の言葉を頂戴すると

『やってみなはれや、やらなわからしまへんで』

ということ。

つまり、何事も最初の一歩が肝心ということです。

最初の一歩を踏み出すときに年齢なんてものはさほど重要な要素ではないのだと思います。

中学生で起業しようが、
定年退職を迎えて起業しようが、
はたまたサラリーマンをしながら起業しようが、
自分がやりたい!と思ったときに志を立てるのが肝要です。

個人的な意見を言わせてもらうと、志を立てるのは早いに越したことはないですが笑

ただ、
志に遅いということはないですが、
志を立てるまで何もしないで良い、という訳ではないです。

誠実に生きて、日々勉強をして、それで始めて志を立てることに意味があります。

これをビジネスに置き換えて考えてみると、

もし何かネットビジネスでもリアルビジネスでも、
やってみたいと思ったらやってみればいいんです。

ただ、やる前に勉強をしたり、準備をしたり、そういった事が必要ということです。

何よりも大事なのは

『やること・実行に移すこと』

です。

そして、その志を信じて突き進めば良いのです。

自分を信じる力が何よりも大事です。