217回

.

.

============================

初めてブログを見る方はこちらから

 

新規メルマガ登録者

メルカリ無在庫転売完全攻略PDF

プレゼント中です

 

 

公式YouTubeチャンネルはこちら

.

.

 

.

.

============================

 

Amazonアカウント再開サポート始めました

 

 

 

 

    ども!転売しんちゃんこと金森です。

 

. メルカリ、という販売プラットフォームがここ最近急成長を遂げており、転売プレイヤーにとっても一つの販路として注目されてきています。

 

. 僕のブログのアクセス元の検索キーワードもメルカリ、というキーワードが非常に多く、やはり実務レベルでメルカリに注目している人が増えてきているんですね。

さて、メルカリは最近主流になっているAmazon転売とは異なったアプローチをすることができます。

 

 

. . 「顧客のリピーター化」です。

 

 

. . リピーターを獲得していく、というのは販売方法として非常に有効な手段の一つで、初心者も即実践が可能です。

また中級者以上の転売プレイヤーにとっても売上アップに直結するテクニックなので、ここは一つメルカリからリピーター化について転売を見ていきましょう。

 

 

 

 

   【メルカリの特徴を踏まえて】 

 

 

 こちらのブログでも何度かメルカリについては取り上げています。メルカリの特徴として、お客さんとの距離が近い、という点があります。

 

購入者が気軽に販売者に問い合わせをすることもできるし、イイね、みたいなボタンもついているのでより販売者と購入者との距離感が近い販路となっています。とりわけユーザー層が低いのでこういった点でも若者世代に受けているのかもしれません。 

 

またメルカリで取引される商品の価格帯、というのも比較的安めのものが多く購入者は何度もリピートしてメルカリで商品を買うことが多々あります。 .

 

そこに目をつけて、メルカリ上でのファン、つまりリピーターを獲得していく、という手法が有効です。

出品した商品の販売完了までの流れをしっかりと行うことで、出品者としての評価も上がり「またこの人から購入しよう」と思ってもらうことができます。

 

 

新規でお客さんを獲得していくわけではないので、商品の回転率も上がり結果として利益が上がる、ということです。 メルカリではお客さんとの距離感が近く、Amazon等の販路よりもファンの獲得がしやすいでしょう。

 

 

 

 

  【リピーター戦略の注意】 

 

 

 リピーターを獲得するには、実はちょっとした手間がかかります。

 

僕は正直なところ、メルカリという販路を活用する気はあまりないのですがヤフオクはそれなりに活用してきました。

ヤフオクもAmazonに比べ販売者と購入者との距離が非常に近いです。(ヤフオクもメルカリも販売プラットフォームを貸してるだけで、連絡を取り合う必要がある) なのでヤフオクでの経験をもとにリピーター戦略の注意点をお伝えします。

 

 

 まずヤフオクやメルカリなど、こういった他人のプラットフォームを借りた転売でリピーターを獲得していくためには第一に「販売する商品を充実させる」必要があります。

 

 

 数ある販売者の中から「あなた」の商品を買ってもらう必要があるわけですから、まず第一にあなたの出品している商品が購入者にとって魅力的である必要があります。

イメージしやすい例として、カメラ用品などそれなりにコアなファンがいる商材を扱うことが商品ラインナップでリピーターを作る上で必要になります。 

 

 

第一に、この商品ラインナップをしっかりと構築することができるのかにも注意を払う必要があります。 ※メルカリの場合、若年層向けのアパレル等を扱えば比較的リピーターの獲得はしやすいです。

 

 

 次に、商品以外の部分でのリピーター獲得は、他人のプラットフォームを活用する場合とてもやりづらい、という点です。

 

 リピーターになる、ということは何かしらの理由があってリピーターになるわけですね。商品やアフターサービスや独自の特典なんかです。

 

 

 こういったことをプラットフォームを借りて転売している場合は使いにくいです。

 

 プラットフォームを運営する側の思惑としては「自分のプラットフォームを使って毎月の利用料を支払ってもらいたい」という考えがあります。つまり利用者を囲いたいわけです。ですのでアフターフォローや独自の特典などを付けるのが非常に難しいわけです。

 

 

 

プラットフォームでの販売→自分のリストとして活用する

 

 という手法であればこの点は解決できますが手間がかかります。というか、これだけの手間をかけることができるなら独自のECサイトを構築するなりしたほうがいいです。

 

 

 

【総括】

 

. . 転売におけるリピーター化戦略、というのは販売戦略として非常に優れています。やはり「ファン」ほど強いお客さんはいません。

 

 ですのでリピーターを作っていく、という点にフォーカスするのは間違ってはいません。むしろ大正解。

. しかし、そのリピーターを構築する手間であったり「あなたがやりたい転売」ってのを忘れてはいけません。

 

 

 ガッツリ転売やるぞ!って人はリピーター作りましょう。リピーター作った方が安定した収益作れます。しかし、自動で・空いた時間で稼ぎたい、という人ならAmazonでFBAを活用しながら転売やったほうがいいです。

 

 

 これは転売から話がそれますが「目的と手段」を履き違えてはいけません。リピーターを構築することは売上をアップさせる目的から言えば何も間違っていません。しかし、どういった形で稼ぎたいのかを忘れてはダメだと個人的には思います。

 

そこらへんをしっかりと理解せずにただ単純に売上を上げたいからリピーターを作ろう!本当は手間をかけたくないけど売上アップのために無理やりリピーターを作ろう!と考えて取り組むと絶対に途中で嫌になります。

 

 広い視点を持って転売に取り組みましょう。

 

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから

 

 

新規メルマガ登録者

メルカリ無在庫転売完全攻略PDF

プレゼント中です

 

 

公式YouTubeチャンネルはこちら

.

.

 

.

.

============================

Amazonアカウント再開サポート始めました