メルカリで稼ぐ!系の闇。実際のところどーなのか

 

 

235回 

.

.

.

============================

初めてブログを見る方はこちらから

 

 

新規メルマガ登録者

メルカリ無在庫転売完全攻略PDF

プレゼント中です

 

 

公式YouTubeチャンネルはこちら

.

転売で月収30万円以上を稼ぐ!!
→月額制転売塾はこちらより←

 

 

Amazonアカウント再開サポート始めました

 

 

 

 

 

 

昨日からブログの再開を宣言しましたが、

本日はメルカリ転売の闇というか、実情について記事を書いてみます。

 

 

『メルカリ 転売』

 

 

なんてキーワードで検索してもらうと

メルカリ転売のノウハウや

メルカリで稼ぐための塾なんかが

ちらほらと検索結果に出てくることでしょう。

 

 

 

メルカリ転売はやり方によっては十分に稼ぐことが出来ますが

実際のところはどうなんでしょう?

 

 

 

ちょっと転売プレイヤーとしての視線や

聞いた裏話をシェアします。

 

 

 

 

 

【メルカリで稼いでいる人の裏話】

 

 

 

実は、メルカリで稼いでいる人の中には

法律スレスレの方法で稼いでいる人が多くいます。

 

 

 

イメージとしては

 

中国から本物かどうか怪しい商品を仕入れて、メルカリで販売する

 

 

という手法を取っている人が多くいるということです。

 

 

 

 

メルカリというのはここ2年~3年で急激に伸びた市場です。

 

こういった市場でありがちなのが

 

・ユーザーが未熟

・運営の対応が後手後手

 

ということです。

 

 

 

事実、メルカリ転売でものすごい利益率をマークしていた人が販売している商品が

商標関連ガバガバの商品だった、なんてことはザラにある話です。

 

 

 

 

【メルカリ転売を教えていた人に聞いたところ】

 

 

 

メルカリ転売!なんて感じのコンテンツを販売していた人の情報を聞いたところ、どうやら中身としては上記の「中国から商品を安価で仕入れて販売する」といったノウハウばかりでした。

 

 

事実、僕自身もメルカリが出始めた今から1年ほど前(このころはプレリリースで手数料も0%でした)の時期に、Amazonやヤフオクで販売している商品を出品して、月に20万円ほどの利益を上げることに成功してます。

 

 

そのころから気になっていたのは「メルカリユーザーが未熟すぎる」といった点です。

 

 

ここでいう「未熟」とはスキルどうのこうのでなく、人として未熟、つまり若年層のユーザーが非常に多い、ということです。

 

 

 

「プレイステーション4」なんてタイトルで出品しているのに、購入してみたらプレイステーション4の箱だけ届いた、みたいなトラブルも多く報告されています笑

 

 

なのでどうしてもメルカリで鬼のような利益を上げるためにはこういった「いわゆる情弱」と呼ばれるような層に対してどのように仕掛けていくか、を気にする必要もあるのかな、と個人的には思っています。

 

 

また若年層が多すぎて真面目にビジネス仕様としても精神的に疲弊してしまうことのほうが多い気がします。

 

詳しくは次の段で

 

 

 

【メルカリ独自の文化。これが面倒】

 

 

メルカリにはメルカリ独自の文化、というものが定着しつつあります。

 

どういうものかというと

 

 

 

・交渉ありき

 

・出品している値段で購入なんかしない

 

・購入者専用の商品ページの作成

 

・支払い延期

 

・発送延期

 

 

 

こういった部分です。

 

 

 

転売や物販をやっている人間からしたらかなり

 

「はぁ?」

 

な感じの文化なんですが、簡単に解説してみます。

 

 

 

 

まず、メルカリで商品を出品した後に起こりうるのが「購入希望者とのやりとり」です。

 

 

メルカリはオークションサイトではないので、販売したい値段で出品して、その値段で購入してもらう。

 

購入者側の視点から言うと「出品されている金額でしか買えない」という状況です。

 

そういったときに、メルカリ独自のルールが発動するわけです。

 

 

 

まず、基本的に価格交渉が入ります。

 

価格交渉自体は別に問題のない行為なのですが、メルカリで価格交渉をしてくるユーザーは「半額から交渉するのは当たりまえ」ですし、「自分の都合だけで価格交渉をしてくる」わけです。

 

1万円で出品していた商品を「5000円で売ってくれ」、なんてのはザラにある話だし「○○日にお金が準備できるので売るのを待ってください!」なんて交渉もよくある話です。

 

こういった特徴があるので、僕はメルカリをメインの販路として活用するのは難しいと踏んでいます。

 

 

 

また、購入者が商品を購入する際に「購入者専用のページ」を作る、なんていう文化も存在します。

 

 

通常であれば出品しているページから購入手続きしてくれればいいのですが、それすらない、なんて状況です。

金森さんが買うのであれば「金森様専用」なんて感じで商品を出品する必要がありいます。

これは結構手間がかかる作業ですので、ある程度なれる必要があります。

 

 

また、商品を購入した後に、購入者は支払い手続きをする必要があるのですが、この手続きをする前に「お金が準備できるまで待って!」なんて感じで支払いを延期してくる人が多いのも事実です。

 

 

 

 

 

【馬鹿とメルカリは使いよう】

 

 

さて、ここまでの記事を読んで頂くと、メルカリで物販をするメリットは皆無のように思えるかもしれませんが、そういったことだけではありません。

メルカリにも多くのメリットがあります。

 

 

※こちらの記事を参照

 

 

メリットとデメリットをしっかりと理解して、自分が行う転売においてメルカリをどのように活用することが出来るかを考えていく必要があります。

 

 

例えば、メルカリを仕入れ先として、仕入れた商品をアマゾンやヤフオクで転売をする、なんて国内転売においてメルカリは有用な仕入れ先になります。

 

 

また、スマホだけでビジネスを完結させたい人の場合はメルカリが最も有効な販路になります。

 

なのでメルカリも使いようかな、という感じですね。

 

 

ただ、使い方を間違えると手間ばっかりかかる、というものなので用法は守りましょう。

 

 

今日はこのへんで。では!

 

 

 

============================

初めてブログを見る方はこちらから

 

新規メルマガ登録者

メルカリ無在庫転売完全攻略PDF

プレゼント中です

 

 

公式YouTubeチャンネルはこちら

.

転売で月収30万円以上を稼ぐ!!
→月額制転売塾はこちらより←

.

Amazonアカウント再開サポート始めました

============================